プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

114. そろそろ本番の準備を始めよう

受験本番まであと少しです。 ラストスパートの真っ最中だと思いますが、そろそろ本番に向けた準備を始めましょう。

まずは朝起きる時間です。 ある学校の説明会で先生が冗談交じりに「夜に入試をする学校はありませんから・・・」という話をされたのを聞いてわれに返りました。

勉強時間を増やしていくと ついつい夜遅くなってしまいますが、中学受験の入試が行われるのは通常は午前中です。 午前中に頭が働くような生活パターンにしておく必要があります。 入試当日の試験開始時間から起床時刻を逆算して、今の時期からその時刻に起きる生活にしましょう。

朝 学校に行く前に勉強をするとよい、とどこかで聞いていたのですが、なかなか実行に移せずにいました。 でもこの時期やってみると確かにとても集中できました。 夜に2時間やるより、朝1時間、夜1時間の方が、断然はかどります。 もっと前から始めていればよかったかなあ とも思いました (でもやっぱり朝はつらいですよね)。

入試当日ですが、どの学校も試験開始の1時間前ぐらいから会場に入れますから、そのぐらいに着くのがよいでしょう。 あまり早く行って寒い中待つことになるのは避けたいですが、2月は雪が降る可能性も高いです。 そうなるとバスやタクシーは大渋滞の可能性もありますし、電車が遅れることもあります。 少し余裕をみておきましょう。

あと入試当日のリハーサルとして、同じ曜日、同じ時間に家を出て、学校まで一度行くことをお薦めします。 子どもは学校があるでしょうから親だけで下見です。

なぜなら例えば電車の混み具合や乗り換えの所要時間は、時間によってかなり違ったりと、その時間に実際に足を運ばないと気がつかないことが多々あるからです。 近所の小学校に通っている子どもは朝の通勤ラッシュの電車なんて乗ったことはないでしょう。 入試当日に満員電車で子どもが疲れてしまったという話を聞いたことがあります。 あらかじめ下見をしておけば、少し時間をずらそうとか、急行ではなく各駅停車で行こうとか、いろいろと対策を思いつくでしょう。

あらゆることを想定しておくことで余裕が生まれます。 もちろん交通機関が乱れると、試験の開始時間を遅らせるなどの配慮がされるのが普通ですが、「遅れたらどうしよう」と入試当日に親子でハラハラするよりは、こころに余裕がある状態で望んだ方がよいに決まっています。

備えあれば憂い無し です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

中学受験ブログランキング(クリックお願いします)
スポンサーサイト

<< 113. 入試の採点は模試とは違う | ホーム | 115. 悔しい思いをさせれば子どもは伸びるのか >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。