プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

116. 不合格だったときのことも考えておこう

「ダメ(不合格)だったときのことも考えておいてくださいね」。 家庭教師の先生が気を遣った面持ちで忠言してくださったのは確か今ごろの時期だったと思います。

確かに受験に向けた準備で頭が一杯で、その結果を受けてどうするのか、といったことを考える余裕が当時の私たちにはなかった気がします。 試験結果がどうなるか不安でたまらないくせに、その結果が出た後にどう振舞うべきなのかをあまり考えていませんでした。

うちは不合格だったら公立中学に進学することにしていたので、まずは学校選択制度でどの学校を選ぶかを決めました。 不合格だったときに息子にかけてやる言葉も考えておきました。 その他には特に何をした、というのはないのですが、心の準備をしておくことで、不思議と受験への不安が少し和らいできたことを覚えています。

仕事とは言え、家庭教師の先生は本当に落ち着いて的を射たことを言うなあと感心させられました。

「傘を持って行くと雨が降らない」ように、不合格だったときの準備をしておくと合格につながる、「マーフィーの法則」ではないですが、そのように考えていました。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

中学受験ブログランキング(クリックお願いします)
スポンサーサイト

<< 115. 悔しい思いをさせれば子どもは伸びるのか | ホーム | 117. 試験時間を意識したペースを作ろう >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。