プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

121. プロの家庭教師を探すのは今の時期がいい

本番まであと少し、もうすでに入試が始まっている地域もあるのですよね。

6年生の健闘を祈りつつ、今回は来年以降に挑戦する方のための情報です。

現在5年生以下で家庭教師の先生をつけることを考えている方は今の時期に探し始めるのがいいと思います。

なぜなら6年生の指導が終わり、先生のスケジュールに空きができる時期だからです。特に習い事を続けたい場合などは曜日や時間を比較的自分達の都合に合わせやすいと思います。

秋頃にあわてて探しても人気のある先生はスケジュールが一杯だったり空いていても先生の都合にこちらが合わせなくてはいけない可能性が高くなります。

もちろん人気がある先生が必ずしもその子に合っているとは限りませんが、少なくとも選択肢が比較的あるのは今の時期だと思われます。

ポイントは子どもに合ったいい先生と出会うことだと思います。なので先生を選ぶ際には家庭教師センターにこちらのニーズを詳しく伝えましょう。習い事を続けたいとか、どの教科が得意でどのあたりが不安とか、志望校はどのあたりを考えているかなど、できるだけ具体的な方がいいと思います。

お値段の方ですがひとりの先生を移動時間も含めて拘束して独占するわけですからある程度高くなってしまうのは仕方ないところもあります。また単価は高いですがマンツーマンで塾よりは指導の中身が濃い分、回数は少なくてすむでしょう。うちは通常は週1回、6年生の夏休みと冬休みだけは週2、3回でした。通塾しなくてよい分の時間をお金で買うという考え方もあるでしょう。

まあそれでも他の習い事との比較感からしても高いですよね。それだけ需要があるということでしょうか。

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
「塾に行かないで」とか「習い事を続けながら」
といったブログが最近増えている気がします!

スポンサーサイト

<< 120. もっともふさわしいものを選びなさい | ホーム | 122. 合格の第一報が届きました! >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。