プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

26. 中学受験に失敗するパターン

周りを見回して不合格になっている子に共通しているのはただひとつ、「身の丈に合っていない学校を受けてしまった」、これにつきると思います。 実力相応の学校にはみんな合格しています。

この一因として高校受験の模試の感覚で、中学受験の模試の偏差値を見てしまうことがあると思っています。 ここでいう高校受験の模試とは、公立高校を目指す中学生が受ける普通の模試です。 高校入試は私のような地方出身者を含め、親はみんな経験していますから、偏差値50というと、ああクラスの平均ぐらいね、という感覚だと思います。

その感覚で中学受験の公立の中高一貫校の偏差値が55ぐらい、というのを見ると、「あらそんなものなの、ちょっとがんばれば行けそう」、「高校受験より、中学から入った方が楽そう」 という錯覚に陥ります。 ネットの書き込みを見てもそのように誤解している人が多い気がします。 模試を受けている母集団が違うことは分かっていても「感覚」はなかなか補正されないようです。

ちょっと乱暴ですが ざっくり言って四谷大塚や日能研の中学受験の偏差値に10を足すと、高校受験の偏差値になる、ぐらいの感覚でよいと思います。 偏差値60ぐらいの中高一貫校と偏差値70ぐらいの公立一番手校で、東大合格者数は似通っていますし、中学からも高校からも入れる学校のそれぞれの偏差値も大体10ぐらい違いますから当たらずとも遠からずでしょう。

つまり公立中高一貫校の偏差値は高校受験の偏差値でいうと65ぐらい、ということになります。 偏差値65というと正規分布でいうと上位7%ぐらいですから、35名のクラスだと上位2,3名しか行けないレベルです。 中学受験の偏差値50は高校受験で言うと偏差値60、正規分布でいうと上位16%ぐらいですから、35名のクラスで上位5,6名です。

中学受験は結構厳しいということが分かると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
中学受験ブログランキング(クリックお願いします)

スポンサーサイト

<< 25. 連立方程式を教えてもよいのでしょうか? | ホーム | 27. 抜群の記憶力を生かそう >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。