プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

28. 中学受験に向いている子、向いていない子

中学受験に向いている子、それは精神的に大人っぽい子だと思います。 早熟な子、という言い方もできるでしょう。 逆に精神的に幼い、子どもらしい子には不利な戦いだと思います。 中学生ぐらいまでは、男子より女子の方が比較的成績優秀なのは、女子のほうが精神的に大人であることが一因でしょう。

難関中学過去問の国語の長文問題を読んでみてください。 とても普通の小学生が読む文章ではないのが分かるでしょう。 こういう文章を読み、論説文であれば、筆者の主題を読み取る、物語文であれば、登場人物の心情を読み取るような能力が求められます。 大人にとってはそんなに難しくない文章でも、普通の小学生にとってみれば何が言いたいのかよくわからない、また人生経験の浅い子どもにとって、他人の心情を文脈から読み取るのもなかなか難しいようです。

算数にしても、抽象的な概念を理解できるようになっている子は強いです。 方程式を解くために移項するなど、中高生になれば難なく理解できることでも、普通の小学生にはピンとこないのです(だからこそ、方程式は中学で習うことになっているのです)。

しかしだからといって早く大人っぽくすることがよいことなのでしょうか? 私は決してそう思いません。 そこが12歳という年齢で受験をさせなくてはいけない中学受験の悩ましいところだと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
中学受験ブログランキング(クリックお願いします)

スポンサーサイト

<< 27. 抜群の記憶力を生かそう | ホーム | 29. 学校は休んじゃいけない、塾は休んでもいい >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。