プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

38. 失敗したこと、ちょっと後悔していること

最後に合格することができたとはいえ、すべて思い通りに事が運んだわけではありません。 何しろ塾に行かないで中学受験しようとしている人が周りにいなかったので、相談相手もおらず、すべてが試行錯誤の連続、今から振り返ると 「あれは失敗だったな」 とか 「もっとこうすればよかった」 ということがいくつかありました。 塾に行かないで中学受験をするのは、残念ながら本当に少数派、みなさまも相談する相手が なかなかいないでしょうから、参考にしてみてください。

【Z会で国語を履修しなかった】
「進学塾不要論」という本で、いわゆる「長文切り取り問題」をやっても国語力は伸びない、と書いてあったのをうのみにしてしまい、国語だけ最初から申し込みませんでした。 確かに物語文については著者の言うことも一理あるかも知れませんが、論説文については小学生が中学入試の読解問題に出るような文章を読む機会が他にあるでしょうか? 過去問や問題集の読解問題を通して、読み慣れて主題をとらえる訓練をするしかないと思います。 よく考えると 小学生コースの場合、Z会は国語が一番 「添削」 に向いていたのかも知れません(他の3教科は答えしか採点しない)。

【理科、社会はZ会だけやっていればよかった】
5年生から四谷大塚の組分けテストを受け始めました。 6年生の夏休み以降は、どの教材で勉強しても、すべての単元を学習済みですから問題ないのですが、5年生の場合、理科の単元を習う順序がZ会と四谷大塚でかなり違ったのでテストで大問5問中、2問が全く習っていない分野ということがあり、せっかくテストを受けるのだからと、Z会を少し休んで予習シリーズに切り替えた時期がありました。 そのせいで地層と気象の単元をどちらでも飛ばしてしまっていたことに6年生の冬に気づいて、あわててやったことがありました。
理科、社会に関しては 少なくともすべての単元が終わる6年生の1学期までは、Z会だけで行きましょう。 夏休み以降は 別の教材を取り入れても構いません。 社会は四谷大塚の「四科のまとめ」がよかったです。 不思議なことに同じ「四科のまとめ」でも理科は使いにくかったです。

【プロ家庭教師の指導に疑問を持ちながら、6年生の夏までアクションを起こせなかった】
これについては「33. 使えないプロ家庭教師の見分け方」で前述しました。 ファーストクラスに乗って、口に合わない機内食を食べ続けたようなものです。 みなさまは遠慮せず、どんどん要望を言いましょう。 私たちの場合、家庭教師センターの対応があまりに早かったので 逆にちょっとびっくりしました。

・ 進学塾不要論-中学受験は自宅でできる - amazon.co.jp


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
中学受験ブログランキング(クリックお願いします)

スポンサーサイト

<< 37. 習い事やスポーツとの両立を考えるならゲームは与えない | ホーム | 39. 霊感商法に似ている大手進学塾の手口 >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。