プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

54. 休み時間にゲームをやる学校には行かせたくなかった

特に私立の学校は、学校によって教育方針や校風が全く違います。 あたりまえですが偏差値だけで学校を選んではいけません。 ブランド志向や他人の噂話に流されるのもダメです。 志望校選びにはしっかり自分で情報収集しましょう。

まずは「中学受験ガイド」を入手します。 電話帳みたいな分厚いやつで、本屋さんに山積みになっています。 これに募集人数や小学校からの内部進学者数、高校からの募集人数、進学実績、入学金や年間の授業料など客観的なデータが揃っています。 コメントも参考にはなりますが、基本的にいいことしか書いていません。 私が結構驚いたのは、五教科の授業時間が学校ごとにかなり違うことです。 これでいわゆる「先取り」をする学校かどうかがわかります。

あとは実際にその学校を見に行くことです。 必ず子ども本人を連れて行きましょう。 どの学校も 毎年 学校説明会は開催されますし、文化祭を公開している学校も多いです。 6年生になると、模試があったりして、結構忙しいので、5年生で行くのがよいでしょう。人気のある学校は事前に申し込みが必要だったりするので 学校のホームページでチェックです。 学校だけではなく、周りの町並みなども要チェックです。

でも普段の授業の様子を知ることはなかなかできません。その学校に行っている先輩や卒業生が知り合いにいれば、その人からかなり精度の高い情報が入手できます。

もうひとつ非常に参考になったのはZ会のWEBにある「中学生活レポート」です。 実際にその学校に通う中学生がアンケートに答えてくれたもので、かなり正直に書かれていて、普段の学校生活が想像できます。

この「中学生活レポート」を見て、「ゲッ」と思ったことがあります。 学校説明会に行って気にいっていた学校の生徒が、休み時間に携帯型ゲームをしている、と書いてあったことです。 それもひとりではなく何人も。 いわゆる難関校ですが、探すと他にもそういう学校は結構ありました。 「自由で自主性を重んじる」という説明会での言葉には共感したものの、学校にゲームを持ってくることを黙認するのはちょっと・・・。 「37. 習い事やスポーツとの両立を考えるならゲームは与えない」でも書きましたが、私たち夫婦はゲームが嫌いです。この学校は志望校から外れることになりました。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
中学受験ブログランキング(クリックお願いします)

スポンサーサイト

<< 53. 国立、私立中学のメリットだとは思わないこと | ホーム | 55. 模試でカンニングするほど追い詰められている大手進学塾生 >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。