プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

74. 中学生のZ会は薄っぺらい

中学入学後もZ会を続けています。 これが小学生のときの中学受験コースに比べると非常に薄っぺらくて、「えっ、これだけ?」と思うぐらい量が少ないです。 ちょっと拍子抜けしてところ、中学校の授業が始まるころには、これが適度な量なんだと納得させられました。

中1の1学期を終えての感想ですが、中学校では結構な量の宿題が出ます。 小学校のときとは桁違いですね。 多い時は1時間以上集中して、机に座っていないと終わりません。 レポートの課題もやっつけ仕事で片付けて提出したら、厳しい点をもらって帰ってきました。 もっと丁寧に時間をかけてやりなさいというメッセージでしょう。

定期試験の2週間前には、試験までの学習計画を立てさせれて、1週間前からは部活もお休み。 周りの雰囲気も勉強モードになっているようでした。 息子も中学受験直前のように週末には8時間ぐらいがんばっていました。

学校の勉強だけで、これだけやらなくてはいけないのです。 その代わりZ会は学校のカリキュラムに準じて、少し先取りしたり、復習させたりするだけでよいので、添削中心の薄っぺらさになるわけです。

それに対し、小学生の中学受験コースの場合は、学校とは別のカリキュラムで学びます。 したがって、テキスト中心の内容になります。 同じZ会でも添削中心の中高生のコースとは全く位置づけが違うのです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

中学受験ブログランキング(クリックお願いします)
スポンサーサイト

<< 73. 6年生7月の模試の結果 | ホーム | 75. 中1の1学期を終えて >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。