プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

81. 十の家庭があれば十のやり方があっていい

私がこのブログで伝えたいことは、特定の勉強方法や教材をお伝えすることではありません。

それぞれの家庭にはそれぞれの事情があります。 例えばお父さんが平日に教える時間をとれるかどうか、週末はどうか、お母さんが働いているかどうか、おじいちゃん、おばあちゃんの協力が得られるかどうか、兄弟姉妹がいるかいないか、近所に学習塾があるかないか、どのようなスポーツや習い事をしているのか、教育費に余裕はあるのかないのか、など いろんな要素があると思います。 

具体的な勉強方法も、「これはうちにも合っている」と思われれば、実践して頂きたいですが、「これはうちには合わない」と思われる部分は、パスして構わないのです。 真似して頂きたいのは、2点だけ、ひとつは子どもの学習進度や理解度をしっかり把握し、学習の手段について親が主導権を持つこと(つまり塾まかせにしない)、もうひとつは「小学生らしい生活を犠牲にしない」、ということだけです。

「大手進学塾に行かないと合格できない」、これは大手進学塾の発するプロパガンダ以外の何物でもありません。 合格するための方法はいくらでもあるし、各家庭の事情によって最適な方法は違います。 十の家庭があれば、十の方法があってしかるべきなのです。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

中学受験ブログランキング(クリックお願いします)
スポンサーサイト

<< 80. 入学試験は個人競技 | ホーム | 82. 目からうろこが落ちた駿台の夏期講習 >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。