プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

92. 6年生の秋から冬にかけて取り組んだこと(国語編 その2)

【150字の作文】
これも毎週、先生がテーマを設定してくださり、それについて150字でまとめる、という練習をしました。

目的のひとつは文章のまとめ方の練習。 子どもの書く文章は、まず主語が抜けてしまう、同じことを繰り返し書いてしまう。 例が長くて主題が抜けてしまう、などバランスが悪いことが多いそうです。 繰り返し取り組むことで少しずつ矯正されていきました。

あとは150字で、どのくらい書けるのか、ということを体で覚えること。 150字というのは中学入試の作文問題でよくあるパターンなのだそうですが、毎週書いていると150字だとこれぐらい書ける、ということが肌感覚として分かります。 150字の感覚があると100字だといつもより少し少なめだから、これしか書けないな、といった感じで前後の字数もカバーできます。制限時間の短い中学受験では何度も推敲している時間はありませんから、この感覚を身につけることは重要だと思います。

もうひとつは、例えば「あなたにとって一番大切なものは何ですか」など、いろいろな「哲学的なテーマ」について、普段から考え、自分の考えを文章にまとめることで、自分なりの考えが自分の中で整理されていきます。それによって、類似のテーマが出題されれば、スムーズに書けますし、その根底にある自分の考え方、価値観を自覚していると、今まで考えたことがないテーマでも考えてまとめる力がついてくるのです。

就活生向けのアドバイスで、時事問題、例えば原発問題や尖閣諸島の問題に関しての自分はどう考えるのか、普段から自分の意見をまとめておくことが大切、とどこかに書いていましたがそれと似ていますね。

【過去問】
国語については駒場東邦、麻布、暁星、開成、女子学院、豊島丘、桜陰など先生が選んだいろんな学校の過去問をやりました。学校によって出題形式はかなり違うのですが、先生は今日はこういう力をつけるためにあえてこの学校の問題を選びました、などといったことをおっしゃっていました。 1週間のうち、宿題で1校分、授業時間内にもう1校分、といったペースです。

ここでの先生の指導法で感心したものが「分析ノート」です。

息子はどの教科もテストの時間配分に苦労していました。 そのため実力がなかなか模試の点数に結びつかないのです。 こればっかりは塾で訓練を受けなくてはいけないのかな、と悩みました。 その状況を少しずつ変えたのがその「分析ノート」です。

「分析ノート」の中身ですが、過去問や模試に取り組んだ後に、以下の4つのポイントを子ども自身に書かせます。

・ 問題を解くにあたって自分が意識して取り組んだこと
例えば読みながらマーキングする(大切な部分に線を引いたり、意味段落に印をつけたりすること)、とか、大問1と大問2の時間配分に注意した、など できるだけ具体的に書かせます。

・ できたこと
例えば記述で主語をきちんと書いたなど、意識して取り組んだ結果、できたことを書かせます。

・ できなかったこと
やろうと思っていたけどできなかったことを書かせます。

・ 今後の課題
次に向けて自分が取り組まなくてはいけないと思うことを書かせます。

この「分析ノート」に自分で書いたことを、次の過去問や模試に取り組む前に読ませます。 これを続けることでテスト中の意識のもち方が少しずつ変わり、状況は改善されていきました。 何事も本人に意識させることが重要なのだと実感しました。

なお、過去問に取り組むうち、息子は模試はできないが、過去問はそこそこできることに気が付きました。 そのことは「21. 模試と入試の違い」にまとめています。

あとこれを書きながら思ったのですが、以上のような指導は絶対にマンツーマンでなくてはできません。大手進学塾の国語の授業って何をやるんでしょうか? 素朴な疑問です。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

中学受験ブログランキング(クリックお願いします)

スポンサーサイト

<< 91. 6年生の秋から冬にかけて取り組んだこと(国語編 その1) | ホーム | 93. 外部生は絶対受けてはいけないある塾のインチキ模試(続編) >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。