プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

93. 外部生は絶対受けてはいけないある塾のインチキ模試(続編)

「23. 外部生は絶対受けてはいけないある塾のインチキ模試」の続編です。 息子が中学の友人で大手進学塾に行っていた子から新しい話を聞いてきたので、「6年生の秋から冬にかけて取り組んだこと」の続きの前にこちらを書かせてもらいます。

以前、ある塾の外部生にも開放された模試は、外部生と内部生で採点基準が違う、という疑惑を書かせていただきましたが、実は採点者が違うのだそうです。 内部生の分は塾の先生が採点するが、外部生の分はアルバイトかパートのおばちゃんか知りませんが、アウトソースするようです。 これで記述式の算数の問題で部分点が全くもらえていなかったことがうまく説明できます。

しかし子どもがそのことを知っているということは、塾の内部生にとっては公然の事実なんでしょうか? ということは塾に入れて月謝を払わないとまともに採点してやんない、というメッセージなのでしょうか? よくわかりません。 こんなことを平気でやる塾なら、もしかしたら内部生でも上位のクラスにいる子と、そうでない子で採点者が違う、なんてこともあるかも知れませんね。

そういううわさのある塾の模試を申し込んでしまったそこのあなた! 即キャンセルです! キャンセルできなかったら棄権しましょう。まともに採点してくれない模試なんて時間と労力の無駄、その日は別の模試を受けるか、自宅学習に当てましょう!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

中学受験ブログランキング(クリックお願いします)
スポンサーサイト

<< 92. 6年生の秋から冬にかけて取り組んだこと(国語編 その2) | ホーム | 94. 学校別模試の落とし穴 >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。