プロフィール

かずとゆか

Author:かずとゆか
フルタイムの共働き夫婦。 夫はずっと塾には通わず公立小中、県立高校を経て東大・京大現役ダブル合格。 勉強は塾に行かなくてもできるという信念から、息子も大手進学塾には通わずに中学受験に挑戦。野球、音楽(バイオリン)を続けながら都内国立中学に合格した。健全な小学生生活を犠牲にしない中学受験を提唱。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

☆ 頂いた拍手コメントはこちら ☆
☆ ブログの紹介ページはこちら ☆

中学受験ブログランキング
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
クリックしていただくとランキングへの投票になりますのでよろしくお願いします。1日1回で結構です。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンタ

検索フォーム

リンク

ブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

99. エスニックジョーク

勉強方法の話が続いたので今回はちょっと息ぬきしましょう。 息子がおもしろいものを見つけてきました。 いろんなバージョンがあるようですが、Wikipedia から引用させていただきます。


様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しそうになる。
それぞれの乗客を海に飛び込ませるには、どのように声をかければいいか?

・ロシア人には、海の方をさして「あっちにウォッカが流れていきました」と伝える。
・イタリア人には、「海で美女が泳いでます」と伝える。
・フランス人には、「決して海には飛び込まないで下さい」と伝える。
・イギリス人には、「こういうときにこそ紳士は海に飛び込むものです」と伝える。
・ドイツ人には、「規則ですので飛び込んでください」と伝える。
・アメリカ人には、「今飛び込めば貴方はヒーローになれるでしょう」と伝える。
・中国人には、「おいしい食材が泳いでますよ」と伝える。
・日本人には、「みなさん飛び込んでますよ」と伝える。
・韓国人には、「日本人はもう飛び込んでますよ」と伝える。


もうひとつ

酒の席で酔ったアジア人を見分けるには、「この後どうしますか?」と聞く。

・日本人は、「あなたはどうしますか?」と聞いてくる。
・中国人は、「おごってもらえるなら飲みに行きます」と言う。
・韓国人は、何も言わず次の店へ引っ張ってゆく。


私も妻も仕事で外国人と接する機会が多いのですが、彼らの価値観に触れるたび、日本人がいかに周りのことを気にする民族かを思い知らされます。

大手進学塾に行かず、自宅学習で中学受験を目指している、子どもも集中して取り組んでいるし、模試はイマイチだけど、過去問は結構できる。 最近では、塾に行っている子に勉強量でも負けていないと思う。 でも周りがみんな大手進学塾に行っているので、本当に塾に行かなくて大丈夫なのだろうか、と とっても不安になる。

それはあなたが日本人だからです。 同じシチュエーションにあっても、日本人以外はそのような不安は感じないのです。 大手進学塾は日本人の気質をうまくついた商売だとも言えますね。

少し不安は和らぎましたでしょうか?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

中学受験ブログランキング(クリックお願いします)
スポンサーサイト

<< 98. 6年生の秋から冬にかけて取り組んだこと(算数編 その4) | ホーム | 100. 中学受験健全化プログラム >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。